内村航平選手の鉄棒演技をもう1度五輪で見たい!!

コロナの世界的拡大により延期になった東京五輪。1年延期の発表を受けて、引退を決めた選手も少なくありません。「2020年開催なら頑張れる!」と自分を鼓舞してきたベテラン選手にとっては最も辛い決断だった事でしょう。
しかし、体操の内村航平選手はまだ諦めていませんでした。

 

◆団体・総合へのこだわり

体操には、個人と団体以外に「総合」があります。個人の得意な種目で勝負する個人や団体と違い、6種目全ての演技を1人で行い合計点で戦う総合は、体操選手にとって憧れであり花の競技と言えるでしょう。

内村選手は、6種目全てでトップを獲り総合を極めたい想いを人一倍強く持ってきた選手です。自分自身でも「6種目やってこそ体操」と繰り返し発言してきています。

統計心理学のタイプ分析で見てみると内村選手は、個人競技選手に多い独立タイプです。その中でも特に、全体のバランスを取りながらまとめ上げるのが得意なタイプ(i-colorグリーン)です。6種目もの演技をバランス良く練習して本番までに仕上げる能力は、こんな心理タイプからも垣間見えます。

 

しかしリオ五輪終了後、内村選手はケガや故障が相次ぎました。長年全ての種目のレベルアップを図り過酷な練習を続けてきた彼の身体は、既に様々な箇所に無理が生じていたようです。特に両肩のケガは全ての種目に大きく悪影響を及ぼしました。

2019年4月の全日本選手権では、痛みに耐えながら出場したもののベストな演技には程遠く、とうとう日本代表落選という信じがたい結果を突きつけられたのです。この時点で「東京五輪は?」と質問された彼は「無理ですね。終わったな、という感じ。」と率直な返答をしていました。

 

 

◆東京五輪の1年延期

その後、ケガを治すために通院の日々を送っていた時に決まった『東京五輪の1年延期』。近年の体操メダリストは全員20代という中、31才の内村選手にとって1年延期は過酷な現実でした。しかし、ここで諦めないのが独立タイプ選手の負けん気根性です。

アスリートの中には『金メダリスト』という称号を得た直後に引退する選手もいます。アスリートの場合トップを極めても引退しなければ、その後はトップを維持するために下から追い上げてくる勢いのある若手と戦い続けなければなりません。それを考えれば、即引退する選手の気持ちもうかがい知れます。

一方、とにかく勝負に挑戦しながら成長していくのが好きで、人一倍負けず嫌いな独立タイプのアスリートは、身体を酷使してでも現役を続け、自他共に「もうこれ以上は無理!」というところまで燃え尽きてから引退を決断する選手が多いようです。

独立タイプとは言え、一度は五輪出場の夢を諦めかけた内村選手ですが、練習再開時に彼の気持ちを後押しする出来事が起こったのです。

 

◆鉄棒に絞った理由

2020年1月から肩の様子を見ながら練習を再開したところ

「なぜか鉄棒だけ肩に痛みが出なかった」

と言うのです。更に

「演技も(予想を超えて)すこぶる良くできた」

のです。これは神様が

「総合へのこだわりは捨てて、最も得意な鉄棒に絞ってまた挑戦しなさい」

と道を示されているとしか考えられないような出来事です。内村選手もここで鉄棒1本に絞る決断をしたのです。そして

「過去は超えていかないといけない」

「鉄棒1本でも進化を見せて、日本を引っ張り世界のファンを楽しませたい」

と目を輝かせながら話していました。

 

◆目標に向けて闘志復活!

独立タイプには「明確な目標の有無がやる気に大きく関わる」という特徴があります。目標がない時期はやる気スイッチが入らず、いつになくスローペースになりがちですが、明確な目標と挑戦する日程が決まれば一気にやる気スイッチが入り、その日に向けて黙々と努力を積み上げて前進していけるのです。今の内村選手はまさにスイッチが入り、東京五輪での復活に向けて走り始めたところでしょう!今では

1種目しか練習していないのだから上達しない訳がない

と言わしめるまでに復調し、H難度の決め技の成功率を上げるべく練習を積んでいます。その技もすでに「90%は成功する」ところまで来ているというから驚きです。現在の体操最高レベルは「I難度」。このH難度の技を成功させないことには金メダルは見えて来ないのです。国内大会で高難度な技を成功させる選手を見た内村選手は、

頑張って輝いている若い子達を見ると、「自分も負けまい!五輪に出場して昔みたいに輝きを放ちたい!」と改めて思いました

と以前のような闘志を見せています。

**************************************

2021年に東京五輪が開催できるか否かは、まだ誰にもわかりません。しかし、内村選手の渾身の鉄棒演技は何としても世界中の人に見てほしい、そして私もなんとしても見たい!!と切望しています。

どうか、内村選手の闘志と願いが届き、東京五輪が開催できますように!!

『チームワークの向上』『本番に強い選手育成』にご興味のある方へ

指導者や親御さんに向けて
★子どもの根本的な志向タイプについて
★子どもの特性を伸ばす関わり方
★モチベーション・自己肯定感の上げ方をテーマにしたセミナー

スポーツチームの「チームアドバイザー」として
★個々の選手に適したアプローチ法の具体的アドバイス
★選手向け研修の企画・実施
等を行っています。

ご興味のある方は、下記よりお気軽にご相談くださいませ。

ご質問・お問い合わせ