ベストカラーのお財布を新調しました♪

最近お仕事の報告ばかり続いていましたので、今日はプライベートのお話を。

実は今週の20日にお財布を新しく変えました☆
購入したのは2週間以上前なのですが、しばらく保管し20日にやっと封を開けました!

◆天が万(よろず)のことを赦す日

今年の2月20日は『天赦日』=天が赦す(ゆるす)日。この日は最上の大吉日と言われています。そして『新たに何かをスタートさせるのにもってこいの日』だそうですので、お財布も長く愛用できるように、この日を待って使い始めました。こういう縁起を担ぐのが好きな私です。

ちなみに、次の天赦日は9月18日です。秋頃に何か始めようと思っている方や新しいものを購入したい方は、この日を狙ってみてはいかがでしょうか?

◆私が長年関わっている『カラー』

私が色に興味を持ち始めたのは小学校3~4年の頃。母と共に観に行った印象派の作品展で、ローランサンやモネ、ドガなどの優しい色使いに魅せられたのが最初だったと記憶しています。

ローランサン2人の少女モネ睡蓮

また、母は普段もよく着物を着る人でしたので、その着物の繊細な色合いを眺めるのも好きでした。

そして大人になり、あらためて興味を持ったのが洋服のカラー選び。「将来子どもを持ち母になったら、子育てと並行してパーソナルカラーコーディネーターの仕事をしよう!」と考え、会社勤めをする中、週末学校に通って資格を取得。そして子どもを授かったのを機に会社勤めを辞め、子育ての合間に個別診断を行ったり、ホテルに企画・提案に行き、ウェディングフェアでカラードレス選びのアドバイザーをしていた時期もありました。そこから付随してメイクの勉強もして、個々の肌の色みに合うベストメイクカラーを選んでメイクアドバイザーもしてきました。

そして今「これこそ私のライフワーク!」とたどり着いたのが『i-color』です。

統計心理分析学の中でも「カラーセラピー」を融合させたi-colorに出会えたのは、私が長年興味を持ち続けた『カラー』にまた関わるべく、必然の引き寄せだった気がしてなりません。

◆今の私が必要としているカラー

お話を一気にお財布に戻しますね。

今回この写真のような『ピンクがかったパープル』のお財布を選んだのには、これまたご縁あって出会えました、鎌田聖菜さんのミラーカラーセッションを受けてアドバイスいただいたからなのです。

セッション写真20161220

ここ10年近く、私の好みの色は完全にブルー化していました。洋服を並べてみても、見事にブルー系のグラデーションになる程です(笑)。最近は紺色が中心でした。(その意味合いはここでは省略します)

ここに、私が今後お仕事を頑張るために必要な『キーカラー』をミックスしたものを持つと良いとオススメいただきました。それがこのカラーだったわけです♪

ラベンダーカラー2

実はひと昔前にはまったのが、このお財布のようなラベンダーやパープル系のカラーでした。

そのため、今回久々に手にした時も抵抗を感じる事は全くなく

「お久しぶり!」

という感覚で最初から愛着が持てたのです。

やはり毎日使うお財布は、自分の好みに合うものを持ちたいですよね♪

◆色が与える影響力

聖菜さんとお話する中で改めて感じたのは『色が人に与える影響力』です。

人は色によって、体感温度・時間の経過・安心感・満腹感など、様々な感覚を感じ分けます。

これだけ影響力のある『色』。これを分類名称にした『i-color』を私は今扱っているのです。

最近は統計分析データにばかり注力していましたが、それぞれの色の意味をもっと丁寧に伝えていかなければ!と気づかされました。

愛着を持てるカラーのお財布を新調してテンションが上がっている私。

これがまさに『色の影響力』なのです♪

*********************************

※あなたの志向カラーは何色?
下記より『i-colorとワンポイントアドバイス』を特別価格にてご提供しています♪
http://makokouno.main.jp/wp/individual-menu/

※聖菜さんのミラーカラーセッションブログはこちらです
→ http://ameblo.jp/seina-happy-aura/

『やる気の引き出し方』『最適なサポート方法』『強いチームワーク作り』をテーマにセミナーやワークをしてみませんか?

指導者や親御さんに向けては
★子どもの根本的な志向タイプについて
★子どもの特性を伸ばす関わり方
★最適なモチベーションの上げ方
★志向の違う子どもの受け入れ方                                  をテーマにしたセミナー、

スポーツチームに向けては                                 ★勝てるチームワーク作り                                              ★メンバーを理解し受け入れる方法
★個々のメンバーに合わせた指導法&アプローチ法                             をテーマにしたチーム研修も行っています。

ご興味のある方は、下記「お問い合わせ」よりお気軽にご相談くださいませ。